FOLLOW US

本田は先発フル出場…CSKA土壇場勝ち越し、ダービー制して首位キープ

 ロシア・プレミアリーグ第14節が4日に行われ、日本代表MF本田圭佑の所属する首位のCSKAモスクワはホームでロコモティフ・モスクワとの“モスクワ・ダービー”に臨んだ。

 本田が先発出場したCSKAは29分、ペナルティエリアやや外左側で得たFKをラスムス・エルムが直接決めて先制する。一方のロコモティフも33分にアンドレイ・エシュチェンコのミドルシュートがDFに当たってコースが変わり、ゴールイン。同点として前半を終える。

 後半に入ると53分にロコモティフのドミトリ・タラソフが2枚目のイエローカードを受け退場。さらに80分には後半途中から出場していたマイコンが交代枠を使い切った後に負傷退場してしまい、CSKAは2人の数的優位を得る。

 すると92分にCSKAはセルゲイ・イグナシェヴィッチの放った強烈なミドルシュートをGKがはじき、そこにポントゥス・ヴェルンブロームが詰めて、土壇場で勝ち越しに成功する。試合はそのまま終了し、2-1でCSKAが勝利した。

 CSKAはリーグ戦の連勝を4に伸ばし、首位を守った。なお、本田はフル出場している。

 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA