2012.09.05

アーセナルはアルシャヴィンを移籍金ゼロで放出か、移籍先候補にCSKAなど

母国復帰が近付くアルシャビン、移籍先には本田所属のCSKAの名も

 アーセナルのロシア代表MFアンドレイ・アルシャヴィンが母国ロシアへの復帰に近付いているようだ。イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 アルシャヴィンは、ユーロ2008の活躍により2009年2月にアーセナルへ加入。しかし徐々に出場機会を失っていくと、2012年1月には古巣ゼニトへレンタル移籍していた。

 アーセナルのアルセーヌ・ヴェンゲル監督は、アルシャヴィンを余剰戦力と見ており、今夏にもゼニトへ完全移籍するなどの噂があったが、移籍先が決まらずにいた。しかしロシアの移籍市場が終了する6日が近付き、アーセナルはアルシャヴィンのフリートランスファーでの移籍を認めたと、同紙は伝えている。

 アルシャヴィンは高額の賃金を求めていると見られている。そのため、ブラジル代表FWフッキとベルギー代表MFアクセル・ヴィツェル獲得のため、移籍金8000万ユーロ(約80億円)を投じたとされるゼニトは、獲得する意思がない模様だ。

 そのため移籍先には、日本代表MF本田圭佑の所属するCSKAモスクワやディナモ・モスクワが浮上していると報じている。

 

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る