FOLLOW US

キックオフは酷暑の午前11時…五輪女子サッカー決勝を戦うスウェーデンとカナダが開始時間見直しを要請

決勝の開始時間は午前11時に設定されているが…… [写真]=Getty Images

 6日に行われる東京オリンピック女子サッカー競技・決勝のスウェーデン女子代表対カナダ女子代表戦について、両チームが午前11時に設定されている試合開始時間の見直しを求めている模様だ。3日に、カナダメディア『CBC』が報じている。

 猛烈な暑さの中で行われている東京オリンピックでは、これまでも競技選手たちの健康面を心配する声が数多く挙がっていた。『CBC』は、4日午前9時から『東京オリンピックスタジアム』で行われた陸上競技を引き合いに出し、気温が33度だったものの湿度が高いためそれ以上の気温に感じられたと報道している。

 カナダサッカー協会(CSA)は、女子サッカーの決勝について以下のように声明を発表している。

「選手たちの健康と安全を確保するため、東京オリンピック女子サッカー競技・決勝のキックオフ時間を変更することを支持します」

 また、カナダオリンピック委員会(COC)も「COCは、決勝の開始時間変更を要請するCSAを支持します。それは、選手たちにとって最善の利益となります」と、声明を発表。さらに、カナダ女子代表と金メダルを懸けて争うスウェーデン女子代表のマリカ・ドマンスキー・ライフォルスヘッドコーチも「国際サッカー連盟(FIFA)に連絡を取っています。私たちが考えているのは、主に選手たちの健康面のこと。午後や夕方にプレーするだけでもかなり大きな違いがあります。このままでは、選手たちが猛暑にさらされることになってしまう」と、危機感をあらわにした。

 スウェーデンサッカー協会(SvFF)は、CSAとともに国際オリンピック委員会(IOC)にも試合開始時間の変更を求める手紙を送った模様。ライフォルスヘッドコーチは「午前11時に試合をしなければならないのであれば、準備はできています」と語ったものの「パフォーマンスと試合のことを考えると、開始時間を遅らせたほうがいいことは明らかです。カナダもまったく同じ意見を持っています」と、あらためて付け加えた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO