FOLLOW US

西野朗監督が率いるU23タイ、VAR判定に泣く…東京五輪出場はならず

西野監督が率いるタイ代表はオリンピック出場権を逃してしまった [写真]=Getty Images

 AFC U-23選手権準々決勝が18日に行われ、西野朗監督が率いるU-23タイ代表と、グループリーグ初戦で日本を破ったU-23サウジアラビア代表が対戦した。

 試合はサウジアラビアが多くのチャンスを作りながらも、タイのGKコラファット・ナリーチャンの好セーブなどで辛うじて耐える展開となった。こう着した状況の中で、0-0のまま迎えた78分ペナルティエリア内でサウジアラビアのFWアブドゥル・アル・ハムダンが倒されると、主審はPKの判定。VARとの交信を行い、オンリーレビューを行った結果判定は変わらず。アル・ハムダンが自ら決めてリードを奪うと、このゴールが決勝点となって1-0でU-23サウジアラビア代表が勝利した。

 この結果、西野監督が率いるU-23タイ代表は、東京オリンピックの出場権を得られる3位以内には入れず。五輪本線への出場は叶わなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA