FOLLOW US

アヤックスが優勝トロフィーを溶かす…4万2000個の“かけら”をファンと共有

今季のエールディヴィジを制したアヤックス [写真]=Getty Images

 アヤックスが35個目のスハール(リーグ優勝トロフィー)をファンのために溶かした。12日、クラブ公式サイトで伝えている。

 アヤックスは2020-21シーズンのエールディヴィジを制し、2年ぶり35度目となるトップリーグ優勝を果たした。新型コロナウイルスの影響により1年を通じてサポーターがスタジアムにいない異例のシーズンを終え、アヤックスはオランダサッカー協会(KNVB)から例外的に2つのスハールを受け取っており、その一つは博物館へ。そして、一つを溶かして、優勝をファンと共有することにした。

 溶かされたスハールは約4万2000個の“星”へと生まれ変わる。「アヤックスのかけら」と名付けられた星の重さは1個3.45グラムで、シーズンチケットの所有者に郵送されたという。

 アヤックスのエドウィン・ファン・デル・サールCEO(最高経営責任者)は、今回の取り組みの意図について、次のように説明している。

「今シーズンは、ほとんどの場合、ファン不在で試合をやっていかなければなりませんでした。少なくとも、観客席にはいませんでした。とはいえ、選手たちは毎試合、その応援を実感しています。例えば、ソーシャルメディアやスタジアムへの移動中などにです。シーズンチケットホルダーとトロフィーを共有することは、ファンにとっては今シーズンの具体的な思い出となり、ユニークな形で王者の一員となれます」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO