FOLLOW US

菅原フル出場のAZ、PSVとの上位対決制す…主将の華麗ヒール弾などで3発快勝

AZに所属するDF菅原由勢(写真は12月3日のEL前節ナポリ戦)[写真]=Getty Images

 エールディヴィジ第16節が13日に行われ、DF菅原由勢が所属するAZはPSVと対戦した。菅原はリーグ戦7試合連続でスタメン入りし、右サイドバックでフル出場した。

 5位のAZと勝ち点6ポイント差で3位のPSVによる上位対決。AZは2試合ドローが続いているが、直近5試合無敗(3勝2分)で、対するPSVは9試合無敗(6勝3分)と好調なチーム同士の対決となった。

 試合はアウェイのAZが先手を取った。31分、ペナルティエリア右へ走り込んだマイロン・ボアドゥがGKに倒されてPKを獲得すると、これを主将のトゥーン・コープマイネルスがゴール左に沈めて先制点。さらに39分にはイェスパー・カールションの右CKでニアのコープマイネルスが華麗にヒールで合わせると、GK頭上とクロスバーの狭い隙間にループシュートが吸い込まれて追加点となった。

 2点ビハインドのPSVは後半に入って反撃が実る。59分、エリア前中央の好位置でFKを得ると、フィリップ・マックスが鮮やかな左足シュートを直接ゴール右隅に決めて1点を返した。その後もPSVはもう1点を追うが、AZも反撃を許さず。すると逆にAZは終了間際の90分、菅原のボールカットを起点につなぎ、最後はケルヴィン・ステングスが右サイドからエリア内に切り込み、左足シュートを叩き込んで試合を決める追加点を挙げた。

 試合はこのまま終了し、AZが上位対決を制して3試合ぶりの勝利。敗れたPSVは昨年10月以来となる10試合ぶりの黒星を喫した。次節、AZは16日にホームでデン・ハーグと、PSVは同日にアウェイでスパルタ・ロッテルダムと対戦する。

【スコア】
PSV 1-3 AZ

【得点者】
0-1 31分 トゥーン・コープマイネルス(PK/AZ)
0-2 39分 トゥーン・コープマイネルス(AZ)
1-2 59分 フィリップ・マックス(PSV)
1-3 90分 ケルヴィン・ステングス(AZ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA