2019.07.05

バイエルン退団のロッベン、現役引退を発表…レアル、チェルシーでも活躍

アリエン・ロッベン
現役引退を表明したロッベン [写真]=Bongarts via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 2018-19シーズン限りでのバイエルン退団が決まっていた元オランダ代表MFアリエン・ロッベンが、現役引退を発表した。4日にクラブ公式Twitterが伝えている。

 現在35歳のロッベンは母国のフローニゲンでプロキャリアをスタートさせた。その後はPSVを経て、2004-05シーズン開幕前にチェルシーへ加入。同クラブのプレミアリーグ2連覇に大きく貢献した。2007-08シーズンからの2シーズンはレアル・マドリードでプレーし、リーガ・エスパニョーラ優勝を経験。2009-10シーズンからは10シーズンもの間バイエルンでプレーした。

 バイエルンではブンデスリーガ通算で201試合出場99ゴール62アシストを記録。8度のブンデスリーガ制覇、5度のDFBポカール優勝を経験している。また、2012-13シーズンにはチャンピオンズリーグ制覇に大きく貢献した。

 オランダ代表としても96試合に出場し37ゴール30アシストという成績を残している。2010 FIFAワールドカップ 南アフリカでは母国の決勝進出の原動力となり、2014 FIFAワールドカップ ブラジルでは主力としてチームをベスト4に導いた。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
レスター
17pt
チェルシー
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング