FOLLOW US

堂安律の同僚18歳MFルドヴィト・ライス、バルセロナ移籍が決定

バルセロナ移籍が決定したルドヴィト・ライス [写真]=Getty Images

 日本代表MF堂安律が所属するフローニンゲンの同僚オランダ人MFルドヴィト・ライスのバルセロナ移籍が決定した。23日、両クラブの公式HPが伝えている。なお、移籍金は325万ユーロ(約4億円)で3年契約を締結。契約解除金は1億ユーロ(約122億円)に設定された。

 R・ライスは2000年生まれの現在18歳。2017年夏にフローニンゲンの下部組織に加入し、今季はエールディヴィジ(オランダリーグ)で29試合に出場した。昨年11月には2000年1月1日以降に生まれた選手として、エールディヴィジでは初となるリーグ戦での得点を記録した。

 R・ライスのバルセロナ移籍が決まり、フローニンゲンのエグゼクティブマネージャーを務めるハンス・ナイラント氏は、「23年間、フローニンゲンを代表して国内外のビッグクラブと取引をしてきたが、この世界最大のクラブとの交渉は素晴らしい最終合意となった」と移籍が完了したことを報告している。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA