2018.08.15

堂安も続けるか? フローニンゲンで活躍してステップアップを果たした現役選手5選

フローニンゲンでの活躍を機に、世界的なプレーヤーへと成長を遂げた選手をピックアップ! [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 堂安律の活躍により日本でも知名度が上がっているフローニンゲン。彼がこのクラブを移籍先に選んだ理由のひとつに、何人もの名選手を輩出してきた実績がある。ホームタウンはオランダ北東部に位置する商業都市。首都アムステルダムまで約2時間半、ドイツ国境まで約1時間半という立地で、イングランドも遠くなく、国内の強豪はもちろん、ブンデスリーガやプレミアリーグへとステップアップを果たすケースも多い。

 古くはロナルト・クーマンやピーター・ハウストラ、ミヒャエル・ライツィハーら歴戦の勇士たちが伝統的な緑と白のユニフォームに袖を通し、より大きなクラブへ移籍する足がかりを掴んだ。ルイス・スアレスを筆頭に、現役選手たちのなかにも、フローニンゲンに在籍していた過去を持つ選手は少なくない。そこで今回、フローニンゲンでの活躍を機に、世界的なプレーヤーへと成長を遂げた5人の現役選手をご紹介しよう。2シーズン目を迎え、すでに彼らに匹敵する成績を残している堂安の出世にも期待したい。

ルイス・スアレス(FW/ウルグアイ代表/現・バルセロナ所属)
2006-07シーズン:リーグ戦29試合出場・10ゴール・6アシスト

[写真]=Getty Images


ウルグアイの名門ナシオナル・モンテビデオからフローニンゲンに加入すると、1年目で二桁得点をたたき出し、翌シーズンにアヤックスへと旅立った。その後はエールディヴィジ、プレミアリーグ、リーガ・エスパニョーラでそれぞれ得点王に輝くなど、世界屈指のストライカーの地位を確立した。
—————————————————————-
アリエン・ロッベン(FW/元オランダ代表/現・バイエルン所属)
2000-01シーズン:リーグ戦18試合出場・2ゴール・1アシスト
2001-02シーズン:リーグ戦28試合出場・6ゴール・3アシスト

[写真]=Getty Images


レアル・マドリードやチェルシーでも活躍したオランダの歴史に残る名ウインガー。地元フローニンゲン州出身でフローニンゲンのユース育ちの生え抜き選手で、2000年に16歳でトップデビューを果たし、2シーズン目には公式戦34試合出場10ゴールを決めるなど才能を発揮。2002年にPSVに移籍する頃にはすでに世界が注目する逸材となっていた。
—————————————————————-
■フィルジル・ファン・ダイク(DF/オランダ代表/現・リヴァプール所属)
2010-11シーズン:リーグ戦2試合出場・0ゴール・0アシスト
2011-12シーズン:リーグ戦23試合出場・3ゴール・1アシスト
2012-13シーズン:リーグ戦32試合出場・2ゴール・3アシスト

[写真]=Getty Images


2017年にDFとしてプレミア史上最高額でサウサンプトンからリヴァプールへと移籍したセンターバックは、フローニンゲンでキャリアをスタートさせた。2011年に19歳でトップデビューを果たすと、3年目の2012-13シーズンにはセンターバックながら、ダイナミックな攻撃参加で2ゴール、3アシストを記録。欧州でも名を知られる選手に成長し、翌シーズンにスコットランドのセルティックへと引き抜かれた。
—————————————————————-
ドゥサン・タディッチ(FW/セルビア代表/現・アヤックス所属)
2010-11シーズン:リーグ戦34試合出場・7ゴール・18アシスト
2011-12シーズン:リーグ戦34試合出場・7ゴール・10アシスト

[写真]=Getty Images


得意の左足を駆使したドリブルから好機を生み出すサイドアタッカー。2010年にセルビアのヴォイヴォディナから、フローニンゲンに加入すると、公式戦22アシストを記録してアシスト王に輝くなどセンセーショナルな活躍を披露。2年目はチームは低迷したものの、不動のエースとして1年目と遜色ない数字を残し、約10億円でトゥヴェンテへ移籍を果たした。トゥヴェンテでの2シーズンを経て、2014年にサウサンプトンへ。今夏、約15億円でアヤックスへ移籍し、4シーズンぶりにエールディヴィジ復帰を果たした。
—————————————————————-
マルクス・ベリ(FW/スウェーデン代表/現・アル・アイン所属)
2007-08シーズン:リーグ戦25試合出場・15ゴール・5アシスト
2008-09シーズン:リーグ戦31試合出場・17ゴール・6アシスト

[写真]=AFLO


スウェーデン・リーグの得点王に輝いた実績を買われ、アヤックスに売却したスアレスの後釜としてフローニンゲンに加入。1年目は15ゴール、2年目は得点ランク3位となる17ゴールを記録するなど、額面通りの活躍を見せた。2009年夏にフローニンゲン加入時の3倍以上となる約13億円の移籍金でハンブルガーSVへと旅立った。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る