2018.04.24

スナイデルの代表引退試合開催が決定「これ以上のお別れはないだろう」

ウェズレイ・スナイデル
スナイデルは9月6日にペルーとの親善試合でオランダ代表を引退 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 オランダサッカー協会(KNVB)は23日、9月6日にヨハン・クライフ・アレーナで行われる国際親善試合のオランダ代表対ペルー代表戦が、ウェズレイ・スナイデル(アル・ガラファ)にとってのオランダ代表引退試合になると発表した。

 スナイデルは「僕にとって大切なチーム、大切な場所で別れを告げることは夢だったので今とても満足している。9月6日まで待ちきれないよ」と喜びを語った。

 また、「KNVBに感謝している。これ以上のお別れはないだろう」と感謝の気持ちを表した。

 インテルで主力として3冠達成に大きく貢献したスナイデルは、オランダ代表としても2003年のデビュー以降長年にわたって活躍を続け、2010 FIFAワールドカップ 南アフリカでは大会得点ランキングトップタイの5得点を挙げる大活躍を見せて、母国を準優勝へと導いた。

 2014 FIFA ワールドカップ ブラジルでもレギュラーとして奮闘し、決して前評判の高くなかったオランダ代表の3位躍進に貢献。同国歴代最多となる133試合に出場して31ゴールを記録し、得点力のある中盤の選手として一時代を築いたスナイデルは、今年3月に代表引退を表明していた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る