2014.10.04

カイトがオランダ代表からの引退を発表「大きな誇りを感じている」

カイト
ブラジル・ワールドカップに出場した際のカイト [写真]=Getty Images

 KNVB(オランダサッカー協会)は3日、フェネルバフチェに所属するFWディルク・カイトの代表引退を発表した。公式HPが伝えている。

 2004年9月にオランダ代表デビューを果たしたカイトは、これまで104試合に出場し24ゴールを記録。ユーロに2度、ワールドカップには3度出場するなど、10年にわたってオランダ代表で活躍してきた。

 代表引退の決断について、カイトは「オランダ代表にとって重要な存在でありたいが、監督からは僕が望んでいる役割がないと説明された」とコメント。また、「僕は34歳。あと2年、ベンチに座る力はない。監督とは良い話し合いができたと思う。オランダ代表で過ごした素晴らしい10年に大きな誇りを感じているよ」と述べた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る