2013.05.21

ハーフナー、二桁ゴールに満足せず「たった11得点。2試合に1回は決めたい」

今シーズンを振り返るハーフナー [写真]=樋口 涼

 フィテッセに所属する日本代表FWのハーフナー・マイクが、11得点を挙げたエールディヴィジでの2012―13シーズンを振り返った。

 ハーフナーはシーズン序盤、ベンチに座ることが多かったが、徐々に指揮官の信頼を得て出場時間を増やすと、2013年に入ってゴールを量産。最終的には11ゴールを上げて、チームの躍進に貢献した。「前半戦はいい結果が出ませんでしたが、後半戦は2試合に1点のペースでゴールを決められたので、来シーズンにつながったと思います」と、ハーフナーはコメント。ただ結果に満足はしていないようで、「たった11得点ですからね。二桁は取りましたが31試合で11得点です。個人的には2試合に1得点は取っていたいと感じています」と目標を明らかにした。

 また、日本とオランダの違いについて問われると「オランダのほうがボールへ寄せるスピードや激しさがありますね。特にボディコンタクトの面では日本と全然違いますね」と、海外の厳しさに言及。その中でボール扱いの大切さを学んだといい、「ボールコントロールが上達したと思います。自分に一番足りないものは技術や体の使い方だと思い、そこを意識したことでシーズン後半戦の得点につながったんだと思います」と、“飛躍の理由”を分析した。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る