2013.05.13

36歳の元オランダ代表MFファン・ボメルが現役引退を発表

現役引退を表明したファン・ボメル [写真]=VI-Images via Getty Images

 PSVに所属する元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメルが、今シーズン限りでの現役引退を表明した。クラブ公式HPが伝えている。

 36歳となるファン・ボメルは、1992年にフォルトゥナ・シッタートでプロキャリアをスタートさせる。チームの中心選手として、1部昇格に貢献するなどし、1999年にPSVへステップアップ。2000年にはチームのキャプテンに就任し、オランダ代表としても初キャップを記録した。2005年にバルセロナに加入し、チャンピオンズリーグ優勝を経験したが、翌2006年夏にバイエルンへと移籍。2008-09シーズンにクラブ史上初となる外国人キャプテンに就任している。2011年1月にはミランへ移籍し、1年半の在籍後、古巣PSVへ復帰した。リーグ優勝はPSV、バルセロナ、バイエルン、ミランで経験。2001年と2005年にはオランダ年間最優秀選手にも選ばれている。

 現役最後の試合となった12日のリーグ最終節トゥウェンテ戦では2度の警告を受けて退場になるなど、最後まで闘志をむき出しにして、キャリアに幕を下ろした。今後はコーチを目指し、勉強していくことになると併せて発表されている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る