FOLLOW US

ハーフナーが2戦ぶり今季5ゴール目…先制点奪取で快勝に貢献

先制点を挙げて、喜ぶハーフナー [写真]=VI-Images via Getty Images

 エールディビジ第25節が1日に行われ、日本代表FWハーフナー・マイク、DF安田理大の所属するフィテッセとMF高木善朗の所属するユトレヒトが対戦。ハーフナーは先発出場、安田はベンチスタート。負傷している高木はベンチ外だった。

 ホーム戦に臨んだフィテッセは、15分にハーフナーが2試合ぶりとなる今シーズンの5ゴール目を挙げ、先制点を奪取。右サイドからのクロスを相手DFがクリアミスしたところを、左足で蹴り込んでいる。1点リードで迎えた後半にも、56分にウィルフリード・ボニーが追加点を挙げてリードを広げた。

 フィテッセは2点差をつけた後も、ハーフナーがポスト直撃のシュートを放つなど、チャンスを作った。3点目こそ奪えなかったが、2-0と快勝して、3連勝の4試合負けなしとなり、勝ち点48で暫定3位に浮上した。一方、ユトレヒトは勝ち点42のままで6位になっている。

 なお、ハーフナーはフル出場、安田に出場機会はなかった。

[写真]=VI-Images via Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA