FOLLOW US

U-23日本代表MF大津祐樹がVVVへ移籍「五輪の活躍で高い能力を証明」

VVVへの移籍が決まった大津

 ボルシアMGに所属するU-23日本代表MF大津祐樹が、FWカレン・ロバートが所属するVVVフェンロへ移籍することが決まった。契約は2年間。

 大津は昨夏に柏からボルシアMGへと移籍したが、出場機会が少なく、リーグ戦3試合、カップ戦1試合の出場にとどまっていた。しかし、ロンドン・オリンピックでは6試合全てに先発出場し3ゴールをマーク。チームのベスト4進出に大きく貢献し、セルティックなどが獲得に興味を示していると伝えられていた。

 VVVの公式HPでは、大津の加入を伝えるとともに、テクニカルマネージャーであるデュッセルドルプ氏の「大津はオリンピックでの活躍で高い能力を証明した。チームの大きな戦力になると信じている」とのコメントを掲載。大津の加入を歓迎している。

 VVVフェンロは、これまで日本代表MF本田圭佑(現CSKAモスクワ)や先日サウサンプトンへの移籍が決まった同代表DF吉田麻也が所属した、日本との関係が深いクラブ。現在はカレン・ロバートが所属している。

[写真]=Akio Hayakawa/Photoraid.uk

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO