FOLLOW US

シュクリニアル退場のインテル、エンポリに痛恨の黒星…4位転落でスクデット遠のく

インテルがホームでエンポリに敗戦 [写真]=Getty Images

 セリエA第19節が行われ、インテルとエンポリが対戦した。

 落ち着いた立ち上がりとなった3位インテルと10位エンポリの対戦。序盤からボールを保持したのはエンポリで、12分にはニコロ・カンビアーギ、17分にはフランチェスコ・カプートがゴールに迫る。一方のインテルも20分、フェデリコ・ディマルコがボレーシュートでゴールを脅かすも、これはGKのセーブにあう。

 すると0-0で迎えた40分にアクシデントが発生。ルーズボールの競り合いでミラン・シュクリニアルが足を高く上げると、このプレーに対しこの日2枚目のイエローカードが提示され、インテルが主将を退場で失うこととなった。前半はこのままスコアレスでハーフタイムへと入る。

 1人少ない状況で後半を迎えたインテルは、ラウル・ベッラノーヴァを投入し主将の穴を埋めつつ、優勝戦線に食らいつくための先制ゴールを模索する。しかし66分、インテルの攻撃がシュートまで至らずに終わると、ボールを奪ったエンポリはカウンターを発動。ネディム・バイラミが敵陣深くまで持ち上がると、最後は投入されたばかりのトマッソ・バルダンツィが左足で強烈なシュートを決めて先制に成功した。

 1点を失い反撃に転じようとするインテルは、エディン・ジェコやロメル・ルカクら攻撃的なカードを切る。すると77分には、CKにステファン・デ・フライが頭で合わせるも、シュートはクロスバーに直撃。90+2分のチャンスでは、ロビン・ゴセンスがボレーシュートを狙ったものの、ボールは無情にも枠を外れた。

 試合はこのまま終了。公式戦では8試合ぶりの黒星となったインテルは、ナポリとの勝ち点差が「13」となり、ローマに抜かれて4位に転落。逆転でのスクデット獲得が遠のくこととなった。一方、これでセリエAでは5試合無敗となったエンポリは、順位を9位に上げた。

 次節、インテルは28日にアウェイでクレモネーゼと、エンポリは同日にホームでトリノと対戦する。

【スコア】
インテル 0-1 エンポリ

【得点者】
0-1 66分 トマッソ・バルダンツィ(エンポリ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO