FOLLOW US

ユーヴェ、バルサFWデパイの獲得に関心か…2シーズン在籍したモラタとの再契約は難航

ユヴェントスが、バルセロナのデパイ獲得を検討? [写真]=Getty Images

 ユヴェントスが、バルセロナに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイの獲得に関心を示している模様だ。9日に、イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じている。

『ガゼッタ・デロ・スポルト』によると、ユヴェントスは2020年9月にアトレティコ・マドリードから期限付き移籍で加入し、昨シーズンもローン契約を1年延長して在籍したスペイン代表FWアルバロ・モラタの代わりになる存在として、デパイの獲得を検討しているという。モラタは6月の段階でユヴェントス退団が発表されており、ユヴェントスは再契約も視野に入れていたが、難しい状況にある模様。同紙は、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキやブラジル代表FWハフィーニャらの加入によってバルセロナでの立場が危うくなっているデパイに、ユヴェントスが白羽の矢を立てた可能性を主張している。

 また、『ガゼッタ・デロ・スポルト』は「デパイはバルセロナと2023年まで契約があるものの、バルセロナが契約解除に踏み込む可能性もある」と伝え、「現在デパイが得ている年俸500万ユーロ(約6億9,000万円)については、イタリアの税制優遇措置によって賄うことができるだろう」と報じている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO