FOLLOW US

インテルもESL不参加を正式発表…今後は「愛するスポーツの未来のために、各機関と協力」

インテルがESL離脱を発表 [写真]=Getty Images

 インテルは21日、欧州スーパーリーグ(ESL)に参加しないことを表明した。クラブ公式サイトで発表している。

 インテルなど欧州の強豪12クラブは18日、欧州サッカー連盟(UEFA)が主催するチャンピオンズリーグ(CL)に代わる新たな大会として、ESLの創設を発表。しかし、欧州サッカーの既存の枠組みを破壊するものだとして、参加クラブのサポーター、各連盟、現役選手、さらに各国政府が猛反発を示していた。

 事態の悪化を受け、参加を表明していたプレミアリーグの“ビッグ6”(マンチェスター・U、マンチェスター・C、リヴァプール、チェルシー、トッテナム、アーセナル)は20日から21日にかけて、ESLの離脱手続きに入ったことを相次いで発表していた。また、アトレティコ・マドリードも21日、ESL不参加を表明する公式声明を発表していた。

 そして、インテルは21日、公式声明を通じて「スーパーリーグ・プロジェクトに参加しない」ことを表明。また、今後については、各機関と協力してサッカーの持続的な成長を目指していくとアピールした。

「私たちは、ファンの皆様に最高のサッカー体験を提供することを常に心がけています。イノベーションと包括は、創立以来の私たちのDNAの一部です。サッカー業界を向上させるために、すべてのステークホルダーとの関わりは決して変わりません」

「インテルは、サッカーはあらゆる分野の活動と同様に、経済的に持続可能な枠組みの中で、世界中のあらゆる年齢層のファンを刺激し続けるために、競技を向上させることに対し、常に関心を持たなければならないと考えています。このビジョンのもと、私たちが愛するスポーツの未来のために、各機関やすべてのステークホルダーと協力していくことを楽しみにしています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO