FOLLOW US

吉田麻也フル出場のサンプドリアは2連敗…アタランタが快勝でユーヴェと勝ち点並ぶ

サンプドリアとアタランタが対戦した [写真]=Getty Images

 セリエA第24節が28日に行われ、10位サンプドリアと5位アタランタが対戦した。

 サンプドリアのDF吉田麻也は3試合連続の先発起用となり、センターバックとしてフル出場を果たした。一方のアタランタは24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグのレアル・マドリード戦から中3日。同試合からはスタメンを3枚変更して試合に臨んだ。

 サンプドリアは11分、ゴールから約20メートル離れた位置でフリーキックを獲得し、ミッケル・ダムスゴーがキッカーを担当。ゴール左上を狙ったシュートは枠を捉えていたが、相手GKマルコ・スポルティエッロの好セーブに阻まれた。対するアタランタは29分、エリアの右からルスラン・マリノフスキーが得意の左足でゴール右下隅を狙ったものの、相手GKエミル・アウデロにキャッチされる。

 一進一退の攻防が続くなか、先に試合を動かしたのはアウェイのアタランタだった。40分、丁寧なパス交換でじわじわと敵陣に侵入すると、ポストプレーに入ったルイス・ムリエルが吉田とモアテン・トルスビーを釣り出す。ムリエルの落としを受けたマリノフスキーが空いたスペースに飛び込み、自慢の左足でゴール左上隅に突き刺した。前半はアタランタの1点リードで折り返した。

 アタランタは後半立ち上がりの50分に決定機。左サイドからの攻撃が吉田にカットされると、セカンドボールを回収して第2波を仕掛ける。マリオ・パシャリッチのシュートは吉田にブロックされたが、こぼれ球を拾ったロビン・ゴセンスが折り返し、飛び込んだヨアキム・メーレがダイレクトボレーでネットを揺らした。今冬アタランタに加入したメーレは移籍後初得点を記録したかに思われたが、ゴセンスがオフサイドだったためゴールは取り消された。

 その後も攻め続けたアタランタは、71分に待望の追加点を獲得する。メーレが右サイドからゴール前にクロスを送ると、飛び込んだゴセンスが押し込んだ。リードを広げたアタランタは86分、カウンターから決定機。ヨシップ・イリチッチのラストパスを受けたマッテオ・ペッシーナが左足を振り抜いたが、相手GKアウデロの好セーブに防がれた。

 試合はこのまま終了し、サンプドリアは2連敗で今季12敗目となった。アタランタはリーグ3連勝で勝ち点を「46」に伸ばし、1試合消化が少ないユヴェントスと勝ち点で並んだ。サンプドリアは次節、3月3日にジェノアとの“ジェノヴァ・ダービー”を戦う。アタランタは同日にホームでクロトーネと対戦する。

【スコア】
サンプドリア 0-2 アタランタ

【得点者】
0-1 40分 ルスラン・マリノフスキー(アタランタ)
0-2 71分 ロビン・ゴセンス(アタランタ)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO