FOLLOW US

インテルがデ・パウル獲得に本腰…加入時期は“あの選手”の去就次第に

インテルがウディネーゼMFデ・パウルに関心 [写真]=Getty Images

 インテルウディネーゼに所属しているアルゼンチン代表MFロドリゴ・デ・パウルの獲得を画策しているようだ。イタリアメディア『トゥットスポルト』が18日に報じている。

 ウディネーゼの“10番”を背負うデ・パウルは国内外のクラブから注目を集めており、昨季のプレミアリーグ覇者であるリヴァプールやマルセロ・ビエルサ監督率いるリーズが関心を示していると報じられていた。今回の報道によると、インテルも本腰を入れてデ・パウルの獲得に動いており、争奪戦をリードしている模様だ。

 デ・パウルの獲得に関して、インテルは今シーズン終了後に開かれる夏の移籍市場での加入を試みているという。しかし、今冬にデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンの売却に成功した場合は、前倒しして1月の移籍市場でデ・パウルをチームに加えたいと考えているようだ。エリクセンに関してはインテルからの退団が決定的と報じられており、古巣のトッテナムや、恩師であるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が率いるパリ・サンジェルマン(PSG)が移籍先の候補として名前が挙がっている。

 現在26歳のデ・パウルはこれまでに母国のラシンやバレンシアでプレーしてきた。ウディネーゼには2016-17シーズンから在籍。現在はキャプテンも務めている。今季のセリエAでは全17試合にフル出場し4得点をマークするなど、押しも押されもせぬウディネーゼの“エース”となった。アルゼンチン代表でも主力に定着しているデ・パウルは、インテルへの移籍を選択するのだろうか。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO