FOLLOW US

首位ミラン、終了間際のイブラ劇的弾で土壇場ドロー…ヴェローナに苦戦も無敗キープ 

ロスタイムにゴールをあげたイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 8日、セリエA第7節が行われ、ミランとヴェローナが対戦した。

 現在5勝1分という好成績でセリエAの首位に立つミラン。ヨーロッパリーグのリール戦で敗戦し、公式戦の無敗記録が途切れた中でホームにヴェローナを迎えた。

 この試合に勝利して再び連勝街道に乗りたいミランだが、ヴェローナにさっそく出鼻を挫かれる。6分、ヴェローナはCKのこぼれ球をゴール前でMFアントニン・バラクが押し込み先制に成功。そして続く19分には、FKのクリアボールからMFマッティア・ザッカーニがダイレクトでシュートを放つと、ボールはDFダヴィデ・カラブリアに当たってコースが変わり、ゴールに吸い込まれた。早い時間帯に2点のリードを得る。

 反撃したいミランは27分、MFアレクシス・サレマーカーズが右サイドからアーリークロスをあげると、ニアに走り込んだMFフランク・ケシエが左足で合わせる。このボールが中で構えていたDFジャンジャコモ・マニャーニにも当たり、ファーサイドのネットを揺らした。ミランがその差を1点に縮める。

 このままハーフタイムを折り返すと、ホームのミランはさらに攻勢を強める。65分、DFテオ・エルナンデスのボールに反応したケシエがエリア内で倒されるとPKを獲得。しかしエースのFWズラタン・イブラヒモヴィッチが蹴ったボールはゴールの上へと外れ、同点とはならない。

 この後も、76分にイブラヒモヴィッチが放ったヘディングシュートはクロスバーに阻まれ、90分にエリア内からカラブリアが突き刺したゴールはVARの介入により認められず。敗北が近づいたロスタイム、イブラヒモヴィッチのボレーシュートをGKが弾いたボールをMFブラヒム・ディアスが折り返すと、最後はそのイブラヒモヴィッチが高い打点から頭でねじ込んだ。

 試合はこのまま終了。土壇場で追いついたミランはなんとか勝ち点1を獲得し、今季リーグ戦の無敗を維持。一方のヴェローナはリードを守りきれず、勝ち点12の8位につけている。

 次節、ミランはアウェイでナポリと、ヴェローナはホームでサッスオーロとそれぞれ22日に対戦する。

【スコア】
ミラン 2-2 ヴェローナ

【得点者】
0-1 6分 アントニン・バラク(ヴェローナ)
0-2 19分 マッティア・ザッカーニ(ヴェローナ)
1-2 27分 ジャンジャコモ・マニャーニ(オウンゴール/ミラン)
2-2 90+3分 ズラタン・イブラヒモヴィッチ(ミラン)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO