FOLLOW US

インテル、チェルシーのM・アロンソに関心…コンテ監督が再会を熱望か

チェルシーに所属するM・アロンソ [写真]=Getty Images

 インテルが、チェルシーに所属するスペイン人DFマルコス・アロンソの獲得に関心を示しているようだ。10月1日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 報道によると、インテルのアントニオ・コンテ監督は2016-17シーズンから17-18シーズンまでチェルシーでともに働いたM・アロンソの加入を熱望しているという。同選手獲得のため、インテルは1090万ポンド(約15億円)の買い取り義務が取り付けられたレンタルでのオファーを準備しているようだ。

 チェルシーには今夏、イングランド代表DFベン・チルウェルが加入し、M・アロンソの序列は下がることが予想されている。さらに、9月26日に行われたプレミアリーグ第3節ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)戦で同選手は2失点に関与し、ハーフタイムで交代となると、後半をチームメイトとともにスタンドでは観戦せず。許可なくチームバスへと向かったことで、試合後にはフランク・ランパード監督から大激怒されたことが報じられるなどより厳しい立場になっている模様で、チェルシーが移籍を認める可能性もありそうだ。

 現在29歳のM・アロンソは2016年夏にフィオレンティーナからチェルシーに加入。コンテ体制時には左ウィングバックで躍動するなど、16-17シーズンのプレミア優勝に貢献した。同クラブでは通算152試合の出場で22ゴール18アシストを記録しているが、ランパード監督が就任した昨季は出場数が減少。リーグ戦18試合の出場で4ゴール3アシストを記録するにとどまっていた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA