FOLLOW US

バルサ、マルティネス獲得に最後の一押し? 約123億円のオファーを用意

バルセロナはマルティネスの獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 バルセロナインテルに所属するアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスの獲得に関心を示している。24日にスペイン紙『マルカ』が報じた。

 マルティネスは今夏の移籍市場でバルセロナ加入が決定的となっていた時期もあったが、その後交渉は完全に失速。現在では同選手のイタリア残留が濃厚となっているが、バルセロナは最後に大型オファーを提示する模様だ。

 同クラブは今夏の移籍市場でウルグアイ代表FWルイス・スアレスやクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチなどの大物選手らを売却し、給料バランスの整理に努めていた。これらは全てマルティネスに対して支払える給料を確保するための下準備だったという。

 資金が用意できた現在、バルセロナは同選手に対して1億ユーロ(約123億円)のオファーを提示し、獲得に動くと伝えられている。インテルもその金額が支払われるのであれば交渉に応じる姿勢で、売却も検討するようだ。果たして今夏の移籍市場で、バルセロナは念願のマルティネス獲得を実現できるのであろうか。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA