FOLLOW US

カリアリに完封負け…ユーヴェのサッリ監督「休ませることが必要」

ユヴェントスを率いるサッリ監督 [写真]=Getty Images

 ユヴェントスを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、カリアリ戦を振り返った。29日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 前節DF吉田麻也が所属するサンプドリア戦に勝利したことでセリエA史上初となる9シーズン連続で36回目の優勝を果たしたユヴェントス。29日に行われた第37節ではアウェイでカリアリと対戦したものの、0-2で敗れた。

 サッリ監督は試合後、「我々の問題はヨーロッパで唯一、12日間で5試合もプレーしなければいけなかったことだ」と過密日程がパフォーマンスに大きな影響を与えていることを強調した。

 続けて、「我々は明日どのような感じか見なければならない。みんなを休ませるためにも、週末の試合はU-23のチームで戦うべきか確認する必要がある」と8月1日に行われる最終節のローマ戦はU-23チームで臨む可能性があることを示唆した。

 また、サッリ監督はローテーションをしながら選手を起用しているが、得点王を争うポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはフル出場を続けている。このことに同監督は「彼とは昨日話をして決断した」とフル出場させた理由を明かした。

「彼は非常にモチベーションが高く、プレーしたがっていた。だから、一緒に決断を下した。彼は自分の身体のことを誰よりもわかっているからね」

「ロナウドは直感的で、特定の戦術に完全に適合はしないが、それが彼の強みだ。しかし、それは他のストライカーが彼の動きに適応しないといけないという意味でもある。これまではそれがうまくいき、今日も何回かそういう形はあったが、最終的に得点を決めることはできなかった」

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA