FOLLOW US

吉田麻也、伊紙の評価はチーム最低点…アシスト記録も守備面で厳しい評価

写真は1日のレッチェ戦の物 [写真]=Getty Images

 セリエA第32節が12日に実施され、サンプドリアに所属する日本代表DF吉田麻也はウディネーゼとの試合に出場した。その試合に関して、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が選手評価を発表している。

 残留争いのライバル同士の対戦となったこの試合。吉田は4バックの右センターバックで先発出場を果たした。しかし37分、ロングボールに吉田とウディネーゼFWケヴィン・ラザーニャが競り合うと、ラザーニャがボールを拾いそのままシュート。これが決まり、ウディネーゼが先制点を手にした。対するサンプドリアは前半アディショナルタイム、MFアルビン・エクダルのパスを受けたFWファビオ・クアリャレッラが得点を奪い、同点に持ち込んだ。

 後半に入っても両チームが持ち味を出し合う展開となるも、84分にFWフェデリコ・ボナッツォーリが見事なバイシクルを叩きこみサンプドリアが逆転。さらに、アディショナルタイムに入った94分には吉田のロングフィードを受けたFWマノロ・ガッビアディーニがゴール。ダメ押し点を手にしたサンプドリアが勝負を決めた。

 アシストを記録したが、失点にも関与した吉田。『ガゼッタ』紙は守備面で吉田を厳しく批評し、「いやらしく効果的なラザーニャの攻め上がりを受けたが、吉田のようなベテランがこのようにバランスを失ってはならなかった」とコメント。採点は「5.5」を付け、チーム内単独最低点とした。

 なお、サンプドリアの最高評価はボナッツォーリの「7」、ウディネーゼの最高点はMFロドリゴ・デ・パウルの「6.5」となっている。

 サンプドリアは次節、15日にホームでカリアリと対戦する。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA