FOLLOW US

不滅のイブラ、注目の去就にヒント? 「ファンは俺の最後を生で見れるかも」

ユーヴェ戦で得点したイブラヒモヴィッチ [写真]=Getty Images

 ミランに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、同クラブでの充実ぶりを口にした。同日、イタリアメディア『Football Italia』が伝えた。

 イブラヒモヴィッチは、7日に行われたセリエA第31節ユヴェントス戦に先発出場。2点のビハインドで迎えた62分、PKで反撃の狼煙を上げる1点を獲得した。勢いづいたチームはその後の18分間で3得点を挙げ、4-2で逆転勝利を収めた。

 試合後のインタビューに応じたイブラヒモヴィッチは、自身の状態の良さに満足感を示している。ピッチサイドでチームに指示を与えていることについてはジョークも交え、お馴染みの“ズラタン節”で次のように語った。

「俺は歳を取った。それは隠せないよ!年齢はただの数字さ。いい感覚でやれているし、チームをあらゆる方向から支えようと試みているんだ。俺はプレジデントであり、そして選手、コーチでもある。選手としての給料しか受け取っていないのが残念だね(笑)もし俺がシーズンの初めからいたら、ミランはスクデットを掲げていただろう」

 また、同選手は今シーズン限りとなっている自身の契約状況にも言及。シーズン終了後の退団が噂されるなか、来季の残留も匂わせるコメントを残した。

「いずれ分かるよ、いずれね。(ミランで)楽しむ時間はあと1カ月あるわけだし、今はどうしようもない奇妙な状況に置かれている。ファンが生で俺を見納められるかはわからない。でもきっと見れると思うよ。なんでかって?聞かなくても分かるだろ…無観客で試合をやるなんて変だし、サン・シーロが満員になれば、きっと素敵な夜になる」

「俺自身、ミランでとても楽しんでいる。アメリカに行ったときと同じようにね。俺は38歳になって、以前のような肉体の強さは失ったが、対処する賢さはある。20歳の時と同じような無茶をする気はない。違いを生み出せなくなったら、俺は終わりだ。マスコットとしてここにいるわけじゃない。チームメイトやクラブ、そしてファンを助けたいんだ」

 イブラヒモヴィッチは今冬、ロサンゼルス・ギャラクシーを退団して7年半ぶりにミラン復帰。加入後、セリエAでは11試合に出場し、5得点3アシストを挙げている。来季からラルフ・ラングニック氏の新監督就任が濃厚とされるなか、果たして大ベテランはどのような決断を下すのだろうか。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA