FOLLOW US

インテル元会長、メッシ獲得は「”禁じられた夢”ではない」…エースの譲渡も示唆

バルセロナでプレーするメッシ [写真]=Getty Images

 インテル元会長のマッシモ・モラッティ氏は、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシの引き抜きは不可能ではないと感じているようだ。7日、スペイン紙『アス』が報じている。

 新型コロナウイルスの拡大に際した、給与削減問題に関してクラブへの不信感もうかがわせたメッシ。1995年から2013年までインテルの会長を務めたモラッティ氏は、そんなメッシをインテルに連れて来る可能性について持論を展開した。過去にもメッシの獲得を目指していたインテルが、2021年夏でバルセロナとの契約が切れるスーパースターを獲得することも決して夢ではないと感じているようだ。

「私はそれが“禁じられた夢”だとは全く思わない」

「私は今のメッシの状況が何かを変えるかについては分からない。だが我々はこの年末ごろ、今までとは変わったものを見ることになるだろう」

 また同氏は、バルセロナからの関心が報じられるアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスがこの移籍のキーマンとなる可能性も示唆している。

「彼はとてもいい若者で、キャリアを気にかけている」

「しかし前にも言ったように、彼がメッシのようなさらに偉大な選手との交渉の一部になりうるのかどうか、みてみなければならない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA