FOLLOW US

“ナポリの伝説”マラドーナ氏が願望を告白「もしナポリにメッシがいたら…」

度々比較されるメッシについて言及した、マラドーナ氏 [写真]=Getty Images

 かつてナポリで一時代を築いた元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏が、度々自身と比較されるリオネル・メッシについて言及した。26日に、スペイン紙『マルカ』が報じている。



 メッシは25日に、バルセロナの一員として初めてナポリの本拠地『スタディオ・サンパオロ』に降り立った。チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦ファーストレグの結果は1-1のドローに終わったが、マラドーナ氏が現役時代に伝説となったスタジアムで、主将としてチームを牽引した。試合中は、ナポリファンから「ディエゴ」コールが、バルセロナファンから「メッシ」コールが起こるなど、サッカー界を代表する2人は相変わらず高い注目を集めていた。

 マラドーナ氏は、メッシが『スタディオ・サンパオロ』を訪れたことについて問われると、こう語った。

「レオ(・メッシ)に会いたかったよ」

「彼は、私が経験したいくつかのことを経験してこなかった。それはレオにとってプラスだったと思う。もし彼がナポリに移籍したとしたら、きっと静かにプレーできることだろうね。私が成し遂げたことを彼がなぞることはできないだろうけど、『もしナポリにメッシがいたら……』とはよく思うよ」

「レオは不当なプレッシャーを受け続けている。活躍した時代が20年以上離れている選手同士を、なぜ比較する必要があるのだろう」

 時代を超えて比較され続ける、マラドーナ氏とメッシ。マラドーナ氏が言うように、どちらが優れているかという議論に、意味などないのかもしれない。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA