FOLLOW US

ローマが試合を支配も、ダービーは1-1のドローに…ラツィオの連勝は11で止まる

1-1の引き分けに終わったローマ・ダービー [写真]=Getty Images

 26日、セリエA第21節が行われ、ローマとラツィオが対戦した。

 同じスタジアムを本拠地に持つ両クラブが対戦する“ローマ・ダービー”は、ケガ人続出の5位ローマと、セリエAでの12連勝を懸けた3位ラツィオの対戦となった。ケガのMFニコロ・ザニオーロ、MFアマドゥ・ディアワラに代わってローマはMFブライアン・クリスタンテ、MFジョルダン・ヴェレトゥらを起用。一方のラツィオは故障明けのFWホアキン・コレア、MFルイス・アルベルトが復帰し、ほぼベストの布陣となった。

 ダービーらしい緊迫感のある雰囲気でキックオフを迎えると、序盤はローマがサイドを起点に主導権を握る。すると26分、低い位置からクリスタンテがゴール前に浮き球のパスを送ると、飛び出したGKトーマス・ストラコシャに競り勝ったFWエディン・ジェコがバックヘッドでゴールを奪い、ローマが先制に成功する。

 なかなか流れを引き寄せられないラツィオだが、思わぬ形でチャンスを迎える。34分、CKをローマDF陣がクリアしきれずにいると、GKパウ・ロペスが弾いたボールがゴールライン付近で真上に上がる。最後はこれをDFフランチェスコ・アチェルビが押し込み、ラツィオはラッキーな形で同点に追いついた。

 1-1で前半を折り返すと、49分にローマが再びサイドからチャンスを演出する。MFジェンギズ・ウンデルが右サイドを突破して中央にスルーパスを送ると、飛び込んだFWジャスティン・クライファートが倒され、主審はPKのジャッジを下す。しかしVARでこの判定は取り消され、ローマは勝ち越しのチャンスを得ることはできなかった。

 その後も終始ラツィオを圧倒したローマだが、ストラコシャのファインセーブにも阻まれて追加点を奪うことはできず。ラツィオはシュートわずか3本に終わり、リーグ戦12連勝を逃したものの、苦しい試合展開で勝ち点1をつかんだ。

 次節のセリエA第22節で、ローマは2月1日にアウェイでサッスオーロ戦を、ラツィオは2月2日にホームでSPAL戦を戦う。

【スコア】
ローマ 1-1 ラツィオ

【得点者】
1-0 26分 エディン・ジェコ(ローマ)
1-1 34分 フランチェスコ・アチェルビ(ラツィオ)

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA