FOLLOW US

ピョンテク、不振からの巻き返しを誓う「新聞の見出しには影響されない」

コッパ・イタリアSPAL戦では2得点に関与したピョンテク [写真]=Getty Images

 ミランに所属するポーランド代表FWクリシュトフ・ピョンテクが、自身を取り巻く環境についてコメントした。23日、イタリアメディア『Football Italia』がポーランドメディア『TVP Sport』を引用して伝えた。

 現在24歳のピョンテクは、昨年1月に鳴り物入りでジェノアからミランへと完全移籍。1シーズン目は公式戦11ゴールと活躍を見せたが、今季はチームの不振とともに得点が伸び悩み、19試合で5ゴールに留まっている。そんな中、今冬に元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが7年半ぶりにミランへ帰還。ピョンテクはイブラ復帰後、セリエAの直近2試合で出場がなく、今冬の退団が噂されている。

 そんな中、ピョンテクは『TVP』に対して次のようにコメント。退団の噂を一蹴し、ミランの巻き返しにゴールで貢献するという意欲を示した。

「僕は鏡を通じて自分自身を見つめるんだ。内なる僕を見て、自分の間違いを理解するためにね。このクラブには混乱が多すぎた。選手たちはそれを感じている。(今季の)最初は、チームとして多くの決定機を作れなかった。ストライカーはその状況でどうにかしなければならない。今、僕たちは改善していて、僕が再びシュートを打てるようになるのは時間の問題さ」

「イタリアの記者にとって、ある日の選手は“サッカーの王様”で、ある日の選手は“史上最悪の選手”になる。でも、僕はそれを受け入れるよ。そういった人々は、『人の立場になって考える』ということをしないんだ。新聞の見出しが僕に影響を与えることはないよ」

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA