FOLLOW US

34歳DFヤング、インテルへの移籍が決定! 8年半在籍したマンUを退団

マンチェスター・Uに8年半在籍したアシュリー・ヤング [写真]=Getty Images

 インテルは17日、マンチェスター・Uのイングランド代表DFアシュリー・ヤングを獲得したことを発表した。契約は今季終了までで、来季以降の延長オプションが付いている。なお、イギリスメディア『スカイスポーツ』によると、移籍金は150万ユーロ(約1億8000万円)だという。

 現在34歳のヤングはワトフォードの下部組織出身。2003年にトップチームでデビューすると、アストン・ヴィラを経て、2011年にマンチェスター・Uへの移籍を果たす。今シーズンからクラブのキャプテンを務めていた同選手は、マンチェスター・Uで公式戦261試合に出場して19ゴールを記録した。

 8年半マンチェスター・Uに在籍したヤングは、インテルへの移籍が決定。インテルでの背番号は「15」になる模様だ。インテルの公式サイトによると、ヤングはクラブ史上3人目のイングランド人選手だという。

 ヤングは自身の公式ツイッターを通じて、「マンチェスター・Uは僕に多くの機会を与えてくれた。レジェンドと共にプレーして、多くのトロフィーを獲得して、最高の監督と仕事をして、キャプテンになることができた。8年半、クラブの物語の一部になることができて感謝しているよ」とつづった。

 なお、ヤングの退団に伴い、マンチェスター・Uの新キャプテンはイングランド代表DFハリー・マグワイアが今後務めることもあわせて発表された。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA