2019.12.07

ローマを崩しきれず…ドローを悔やむインテル指揮官「ゴールチャンスはあったが…」

インテルを率いるアントニオ・コンテ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエA第15節が6日に行われ、インテルはローマと対戦。前節、首位に立ったばかりのインテルは足場固めのためにも勝ち点3獲得を狙ったが、試合はスコアレスドローに終わっている。

 試合後、インテルのアントニオ・コンテ監督がインタビューに応じ、本拠地『ジュゼッペ・メアッツァ』で白星を得られなかったことを残念がった。6日に、イタリアメディア『フットボールイタリア』が報じている。

「私たちは、偉大なローマに対してあまりリスクを負わなかったね。だが、今日はゴールを決めなければならない試合だった。なぜなら、私たちにはそのチャンスがあったからね」

「相手のプレッシャーとランニングによって、私たちはエラーを犯すことを余儀なくされた。ゴール前でもっと決定的だったなら、3ポイントを手にすることができただろうね」

 仮に7日の試合でユヴェントスがラツィオに勝利すれば、インテルは首位の座から転落することになる。ライバルに首位奪還のチャンスを与えてしまったことを、コンテ監督は悔やんでいるようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
64pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
40pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
35pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
レアル・マドリード
43pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
51pt
インテル
47pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング