2019.11.22

FIFAランク上位30カ国を対象に調査…2019年の代表勝率ランキングトップ5&ワースト5

「フットボール」と「メディア」ふたつの要素を併せ持つプロフェッショナル集団を目指し集まったグループ。

 日本代表は12月に行われるEAFF E-1サッカー選手権 2019 決勝大会を控えているが、その他多くの代表チームは年内の活動を終えた。

 では、今年1年間で最も良い成績を残したのはどの国だろうか。今回は、FIFAランキングのトップ30に名を連ねる代表チームを対象に、勝率を比較。2019年の代表勝率ランキング、トップ5とワースト5を紹介する。

*PK戦に持つ込んだ試合は引き分け扱いとして計算
写真=ゲッティイメージズ

勝率ランキングトップ5

■5位タイ スペイン代表


勝率:80パーセント(8勝2分け0敗)

今年行われたEURO2020予選の10試合を無敗で乗り切り、7大会連続の本戦出場を決めた。予選ラストゲームとなったマルタ戦では、7選手がゴールを決めて7-0と快勝。来年は、監督復帰が発表されたルイス・エンリケ氏の下で欧州王者返り咲きを狙う。

■5位タイ ポーランド代表


勝率:80パーセント(8勝1分け1敗)

昨年のロシアW杯ではグループステージ敗退に終わったが、今年行われたEURO2020予選では10戦8勝という好成績を残した。予選で挙げた18ゴールのうち10ゴールは、ロベルト・レヴァンドフスキ(6ゴール)とクリシュトフ・ピョンテク(4ゴール)が挙げたもの。攻撃の二枚看板がチームをけん引している。

■4位 フランス代表


勝率:81.8パーセント(9勝1分け1敗)

“現・世界王者”が4位にランクイン。2019年は、EURO2020予選10試合、フレンドリーマッチ1試合を戦って9勝を挙げたものの、予選で同グループだったトルコには1分け1敗と未勝利に終わった。

■3位 メキシコ代表


勝率:88.2パーセント(15勝1分け1敗)

FIFAランキング上位30カ国のうち、2019年の“最多勝”に輝いたのがメキシコだ。今年6月から7月にかけて開催されたCONCACAFゴールドカップでは、2大会ぶりに優勝。最新のFIFAランキングは11位と、トップ10入りが目前に迫っている。

■1位タイ ベルギー代表


勝率:100パーセント(10勝0分け0敗)

ベルギーは今年行われたEURO2020予選で全勝を達成。予選トップの40得点を挙げる一方で、3失点はトルコと並ぶ最少記録だった。FIFAランク1位の座に恥じない圧倒的な強さを見せつけた。

■1位タイ イタリア代表


勝率:100パーセント(10勝0分け0敗)

ベルギーと共に、EURO2020予選全勝を成し遂げたのがイタリアだ。昨年11月のアメリカ戦(親善試合)から続く連勝を「11」に伸ばし、自己ベストを更新中。ロシアW杯では60年ぶりに本戦出場を逃したものの、ロベルト・マンチーニ体制でV字回復を果たし、EURO2020の優勝候補に躍り出た。

勝率ランキングワースト5

■5位タイ ブラジル代表


勝率:50パーセント(8勝6分け2敗)

今夏のコパ・アメリカで優勝を飾ったセレソンだが、その後は5試合連続で白星を逃すことに。年内最終戦となった韓国代表との親善試合は3-0と快勝したものの、2019年の勝率は5割にとどまった。

■5位タイ スウェーデン代表


勝率:50パーセント(6勝4分け2敗)

昨年のロシアW杯で、1994年アメリカ大会以来のベスト8進出を果たしたスウェーデン。しかし、今年行われたEURO2020予選では、スペインに1分け1敗、FIFAランキングで格下のノルウェーにも2分けと白星は遠かった。グループ2位でEURO本大会出場を決めたことが何よりの成果だ。

■5位タイ デンマーク代表


勝率:50パーセント(5勝5分け0敗)

勝率5割とはいえ、今年行った10試合で負けはない。EURO2020予選では、攻撃の要であるクリスティアン・エリクセンがチームトップの5ゴールを挙げる活躍を見せて、2大会ぶりの本大会出場を決めた。

■5位タイ スイス代表


勝率:50パーセント(5勝3分け2敗)

EURO2020予選は5勝2分け1敗で乗り切り、来年の本戦出場権を獲得した。しかし、今年6月のUEFAネーションズリーグ準決勝では、ポルトガルに敗戦(1-3)。続く3位決定戦でも、イングランドにPK戦で敗れるなど、格上相手に勝利を挙げることができなかった。

■4位 ベネズエラ代表


勝率:46.2パーセント(6勝4分け3敗)

19日の日本戦では強さを見せつけたが、年間通しての勝率はそれほど高くなかった。今夏のコパ・アメリカでは1勝2分け1敗、日本戦を除いた親善試合では4勝2分け2敗の成績だった。だからこそ、日本戦は本気モードだったのかもしれない。

■3位 ルーマニア代表


勝率:40パーセント(4勝2分け4敗)

スペイン、スウェーデン、ノルウェー、フェロー諸島、マルタと同組になったEURO2020予選では、スペインとスウェーデン相手に4戦全敗。グループ4位で予選を終え、プレーオフ経由での本戦出場を目指す。

■2位 ペルー代表


勝率:33.3パーセント(5勝3分け7敗)

コパ・アメリカ2019で準優勝を果たしたペルーだが、年間勝率は3割台だった。結果が出なかった要因の一つが、得点力の低さ。今年行った15試合で11ゴールしか挙げることができず、複数得点を挙げたのは、コパ・アメリカのボリビア戦(3-1)とチリ戦(3-0)だけだった。

■1位 チリ代表


勝率:30.8パーセント(4勝4分け5敗)

FIFAランキング上位30カ国で、年間勝率が最も低かったのがチリだ。4位入賞を果たしたコパ・アメリカ2019でも、2勝1分け3敗と黒星の方が多かった。アレクシス・サンチェスやアルトゥーロ・ビダルら“黄金世代”に続く若手が育っておらず、一時期の勢いは失われた印象だ。

日本代表の勝率は?


65パーセント(13勝3分け4敗)

日本はここまで20戦を消化しており、試合数はFIFAランキング上位30カ国で最多。勝率65パーセントは13番目の成績となっている。年間13勝はメキシコの15勝に次いで2番目に多く、12月のE-1サッカー選手権で3戦全勝を飾れば、単独トップとなる。

(記事/Footmedia)

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る