2019.11.18

シュクリニアルを巡る”エル・クラシコ”勃発か…インテルと5月に契約延長も

シュクリニアルは争奪戦か [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナレアル・マドリードがインテルのスロバキア代表DFミラン・シュクリニアルの獲得に興味を示しているようだ。スペイン紙『マルカ』が17日に伝えている。

 5月にインテルとの契約を2023年6月まで延長したシュクリニアルだが、その契約には契約解除違約金が設定されていない。今回両クラブは今冬の移籍市場での獲得を画策していて、条件次第ではインテルも放出を容認すると見られている。またインテル側は今夏マンチェスター・Uから提示された6000万ユーロ(約72億2000万円)ほどのオファーを断っており、それ以上の額が最低ラインとなる模様だ。

 2017年のインテル加入以降、守備の要として君臨して2シーズン連続のチャンピオンズリーグ(CL)出場圏獲得に貢献してきたシュクリニアル。熾烈な争奪戦を制すのはどのチームになるのか注目が集まる。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る