2019.10.02

マルキージオが現役引退を決断…3日にユーヴェ本拠地で会見を開催

クラウディオ・マルキージオ
ユヴェントスなどでプレーしたマルキージオが現役引退を決断した [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表MFクラウディオ・マルキージオが現役引退を決断したようだ。イタリア紙『Gazzetta dello Sport』が2日に伝えている。

 現在33歳のマルキージオはユヴェントスの下部組織出身で、エンポリへレンタル移籍で加入した2007-08シーズンを除き、ユヴェントスに計25年間に渡って所属した。同クラブではイタリア・スーパーカップやコッパ・イタリア、7シーズン連続のセリエA制覇など多くのタイトル獲得に貢献した。

 マルキージオは昨夏にユヴェントスを離れてゼニトへ移籍。しかし、同クラブではひざの負傷に苦しみ、7月1日に双方同意の上で退団を発表していた。

 フリーとなっていたマルキージオに対しては、スティーヴン・ジェラード監督が率いるレンジャーズや中国のクラブが獲得に関心を示していた模様。しかし今回の報道によると、マルキージオは選手キャリアに終止符を打つことを決断したという。

 マルキージオの引退会見は3日にユヴェントスのホームスタジアムで行われる予定だ。また、同選手とユヴェントスは良好な関係を築いており、引退後はクラブのスタッフとして復帰する可能性もあるようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
61pt
マンチェスター・C
48pt
レスター
45pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
37pt
ボルシアMG
35pt
バイエルン
33pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
43pt
バルセロナ
40pt
アトレティコ・マドリード
35pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
48pt
インテル
46pt
ラツィオ
45pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング