2019.08.22

C・ロナウド、インフレが進む移籍金について「どんな選手でも1億ユーロに」

クリスティアーノ・ロナウド
ユヴェントスのC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがインタビューに応えた。スペイン紙『マルカ』が21日に伝えている。

 C・ロナウドは移籍金のインフレが進む最近の移籍市場について言及。かつてマンチェスター・Uからレアル・マドリードへ移籍した際に当時の史上最高額を更新したロナウドは、「今のフットボールで計算は難しいね。クラブはポテンシャルを重視するようになって、以前とは異なってきた。ジョアン・フェリックス(今夏ベンフィカからアトレティコ・マドリードへ移籍)のケースは置いておくとしても、どんな選手でも何を見せることなく1億ユーロ(約118億円)に到達できるようになったんだ」と現状を分析。

 またさらに「サッカーにはもっとお金がある。センターバックとGKは7000万から8000万ユーロまで到達した。個人的には同意できないけど、そういう世界だと受け入れていく必要性があるね」とコメントしている。

記事に誤訳がございましたので、訂正いたしました(22日17時59分)。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
10pt
トッテナム
8pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
10pt
ドルトムント
9pt
フライブルク
9pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
10pt
アトレティコ・マドリード
9pt
レアル・マドリード
8pt
欧州順位をもっと見る
インテル
9pt
ボローニャ
7pt
ユヴェントス
7pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング