2019.07.09

ドルトムント、新監督就任でベンチスタート濃厚のマンジュキッチに関心か

マリオ・マンジュキッチ
今夏の去就に注目が集まるマンジュキッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ドルトムントユヴェントスに所属する元クロアチア代表FWマリオ・マンジュキッチの獲得に関心を示しているようだ。8日、イタリア紙『Tuttosport』が報じた。


 ユヴェントスのマウリツィオ・サッリ新監督は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドとマンジュキッチの併用は難しいと見ている模様。一方で、オプションとしては有効だと考えているようで、同選手がベンチに座ることを受け入れた場合は残留へ向かうと見られている。

 マンジュキッチ自身も新シーズンのユヴェントスではベンチ入りを受け入れてスタメン争いに身を投じる覚悟ができているという。しかし、同選手はドルトムントから好条件を提示されている模様で、残留の決断には至っていないようだ。

 33歳のマンジュキッチは2010年から2014年にかけてブンデスリーガを経験。ヴォルフスブルクバイエルンで2シーズンずつプレーし、同リーグでは110試合の出場で53得点21アシストを記録している。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
19pt
レスター
17pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
16pt
バイエルン
15pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
22pt
インテル
21pt
アタランタ
17pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング