2019.05.22

【セリエA/ヤングスター列伝⑧】幼少期から注目を浴びた逸材…“まるでベテラン”なエンポリの19歳MF

トラオレ
19歳ながらベテラン選手のようなプレーを見せるトラオレ [写真]=Getty Images
1998年にローマに語学留学し、同市内のアマチュアクラブ、ロムーレアの練習に参加。カルチョだけでなく全てのアッズーリをこよなく愛し、日伊協会会報誌『CRONACA』では、イタリアに特化したスポーツ記事を連載中。2017年11月『使えるイタリア語単語3700(ベレ出版)』を共同執筆。イタリア語検定協会事務局員。日伊協会にて4月より『カルチョで旅するイタリア』が開講。

 今シーズン活躍した若手選手を全10回に分けて取り上げる「セリエA版ヤングスター特集企画」。第8回は、エンポリで台頭した19歳のMFハメド・ジュニオール・トラオレを紹介する。


名前:ハメド・ジュニオール・トラオレ(Hamed Junior Traorè)
所属:エンポリ
国籍:コートジボワール
誕生日:2000年2月16日
年齢:19歳
身長/体重:184cm/77kg
主なポジション:セントラルミッドフィルダー
リーグ成績:31試合出場1ゴール2アシスト

 幼少期にコートジボワールから家族でイタリアに移り住んだ移民の子。エミーリャ・ロマーニャ州のビッビアーノのアマチュアクラブ、ボカ・バルコでプレーしていた当時から多くのプロクラブの注目を集め、2015年にエンポリに引き抜かれた。ユース世代の登竜門、ヴィアレッジョ・トーナメントの2017年大会で脚光を浴びると、その年の10月に17歳でプロデビュー。10月8日に開催されたセリエBのフォッジャ戦に出場し、そのシーズンは10試合でプレーした。

 セリエA初挑戦となった今シーズンはこれまで31試合に出場し、セントラルミッドフィルダーとして堂々たる姿を披露。4月20日のSPAL戦では味方選手のポストプレーを巧みに使いながら、2列目からの飛び出しでセリエA初ゴールをマークした。

 両足を遜色なく使いこなし、ゲームを組み立てる中でスペースがあればドリブルでも仕掛ける。さらには、針の穴に糸を通すようなスルーパスを供給するなど、ベテランプレーヤーのような動きを随所で見せている。

 今冬の移籍市場ではエンポリと同じトスカーナ州の強豪フィオレンティーナが保有権を獲得する運びとなったが、シーズン中にすべてのメディカルチェックを終えることが困難となり、正式契約はこの夏に延期となった。

文=佐藤徳和/Norikazu Sato

【セリエA/ヤングスター列伝】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
24pt
マンチェスター・C
16pt
アーセナル
15pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
16pt
ヴォルフスブルク
15pt
バイエルン
14pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
19pt
レアル・マドリード
18pt
グラナダ
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
19pt
インテル
18pt
アタランタ
16pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング