2019.05.21

コンテ氏が来季のインテル監督就任で合意か…マロッタCEOとは旧知の仲

アントニオ・コンテ氏
今季は休業中のコンテ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 元イタリア代表監督のアントニオ・コンテ氏が、インテルと来シーズンの監督就任で合意に至った模様だ。20日にイギリス紙『ガーディアン』が報じた。

 インテルはルチアーノ・スパレッティ現監督との契約を2021年夏まで残しているものの、最終節までチャンピオンズリーグ出場権の獲得が確定していない状況にクラブ首脳陣が不満を覚え、シーズン終了後の監督交代に踏み切ると見られる。

 一方、昨シーズンいっぱいでチェルシーの監督を退任したコンテ氏は、来季の監督復帰に意欲を見せており、ローマパリ・サンジェルマンバイエルンが同氏の招へいに関心を示していた。

コンテ氏とインテルCEOのジュゼッペ・マロッタ氏は、ユヴェントス指揮官時代の2011年から2014年にかけてともに仕事をした間柄で、今回の交渉にもその関係性が一役買ったと見られており、契約年数は3〜4年になる模様だ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング