FOLLOW US

トッテナムDFトリッピアーがナポリと個人合意か…今夏にプレミアを去る可能性が浮上

トッテナムを去る可能性が報じられたキーラン・トリッピアー [写真]=Getty Images

 トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが、ナポリと個人合意に達したようだ。イギリスメディア「Sports Mole」が報じている。

 今シーズンのプレミアリーグを4位でフィニッシュし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではクラブ史上初めて決勝に進出したトッテナム。チームに大きな貢献を果たしてきたトリッピアーだが、今夏の移籍期間にトッテナムを去る可能性が高まっているという。個人合意に達したとされるナポリは以前からトリッピアーに興味を持っており、この右サイドバックとの契約に一歩近付いた模様だ。

 28歳のトリッピアーは、9歳の時にマンチェスター・Cのアカデミーに加入。2015年にトッテナムへ移籍した。当初は主にカイル・ウォーカーの控えだったためベンチを温めることが多かったが、徐々にスタメン出場の機会を増やし、今やトッテナムに欠かせない存在へと成長を遂げた。

 CL決勝が、トリッピアーのトッテナムでのラストゲームとなるのだろうか。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA