2019.05.21

トッテナムDFトリッピアーがナポリと個人合意か…今夏にプレミアを去る可能性が浮上

トッテナムを去る可能性が報じられたキーラン・トリッピアー [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 トッテナムに所属するイングランド代表DFキーラン・トリッピアーが、ナポリと個人合意に達したようだ。イギリスメディア「Sports Mole」が報じている。

 今シーズンのプレミアリーグを4位でフィニッシュし、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)ではクラブ史上初めて決勝に進出したトッテナム。チームに大きな貢献を果たしてきたトリッピアーだが、今夏の移籍期間にトッテナムを去る可能性が高まっているという。個人合意に達したとされるナポリは以前からトリッピアーに興味を持っており、この右サイドバックとの契約に一歩近付いた模様だ。

 28歳のトリッピアーは、9歳の時にマンチェスター・Cのアカデミーに加入。2015年にトッテナムへ移籍した。当初は主にカイル・ウォーカーの控えだったためベンチを温めることが多かったが、徐々にスタメン出場の機会を増やし、今やトッテナムに欠かせない存在へと成長を遂げた。

 CL決勝が、トリッピアーのトッテナムでのラストゲームとなるのだろうか。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング