2019.05.20

【セリエA/ヤングスター列伝⑥】「アイドルはイカルディ」…パワー、技術、機動力を備えた万能FW

ピナモンティ
今季はフロジノーネにレンタル移籍してプレーしたピナモンティ [写真]=Getty Images
1998年にローマに語学留学し、同市内のアマチュアクラブ、ロムーレアの練習に参加。カルチョだけでなく全てのアッズーリをこよなく愛し、日伊協会会報誌『CRONACA』では、イタリアに特化したスポーツ記事を連載中。2017年11月『使えるイタリア語単語3700(ベレ出版)』を共同執筆。イタリア語検定協会事務局員。日伊協会にて4月より『カルチョで旅するイタリア』が開講。

 今シーズン活躍した若手選手を全10回に分けて取り上げる「セリエA版ヤングスター特集企画」。第6回は、インテルからフロジノーネにレンタル移籍して経験を積んだFWアンドレア・ピナモンティを紹介する。


名前:アンドレア・ピナモンティ(Andrea Pinamonti)
所属:フロジノーネ
国籍:イタリア
誕生日:1999年5月19日
年齢:20歳
身長/体重:188cm/72kg
主なポジション:センターフォワード
リーグ成績:27試合出場5ゴール3アシスト

 14歳でキエーヴォからインテルに移籍し、17歳だった2016-17シーズンのヨーロッパリーグ、スパルタ・プラハ戦でプロデビューを果たした早熟のストライカー。U-15以降、U-20までの各世代のイタリア代表に名を連ねるなど国際経験も豊富で、U-19では2018年欧州選手権で主力の一人としてプレーし、準優勝に貢献した。

 生粋のインテリスタで、「アイドル」は昨シーズンまでチームメイトだったマウロ・イカルディ。パワーとテクニックを兼ね備え、機動力もありアシスト能力にも長ける。また今シーズン前半戦のフィオレンティーナ戦でマークしたような破壊力抜群のロングシュートも魅力だ。

 自らの強い希望でレンタル移籍したフロジノーネでは今シーズン、序盤戦は出場機会にあまり恵まれなかったが、徐々に出番を増やし、27試合の出場で5得点2アシストを記録。マルコ・バローニ監督からは「成長し、今季は大きなインパクトを残した。すでに大人のプロフェッショナルのような考え方をする。自分の役割に自信を持ち、日々の細かな点に注意を払っている。ビッグクラブでプレーしてもこういった点は役立つはずだ」と高く評価。保有権を持つインテルにとっても大きな1年になったに違いない。

 23日に開幕を迎えるU-20ワールドカップのイタリア代表メンバーに選出されており、29日にはグループステージ第3節で日本代表と対戦。この大会での活躍にも注目が集まる。

文=佐藤徳和/Norikazu Sato

【セリエA/ヤングスター列伝】のバックナンバー

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
34pt
レスター
26pt
チェルシー
26pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
25pt
ライプツィヒ
21pt
バイエルン
21pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
レアル・マドリード
25pt
アトレティコ・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
32pt
インテル
31pt
ラツィオ
24pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング