2019.05.16

【セリエA/ヤングスター列伝④】A代表での活躍にも期待…ユーヴェが保有権を持つ技巧派レフティ

オルソリーニ
ボローニャでプレーするオルソリーニ [写真]=Getty Images
1998年にローマに語学留学し、同市内のアマチュアクラブ、ロムーレアの練習に参加。カルチョだけでなく全てのアッズーリをこよなく愛し、日伊協会会報誌『CRONACA』では、イタリアに特化したスポーツ記事を連載中。2017年11月『使えるイタリア語単語3700(ベレ出版)』を共同執筆。イタリア語検定協会事務局員。日伊協会にて4月より『カルチョで旅するイタリア』が開講。

 今シーズン活躍した若手選手を全10回に分けて取り上げる「セリエA版ヤングスター特集企画」。第4回は、ユヴェントスが保有権を持ち、年代別イタリア代表でも活躍するボローニャリッカルド・オルソリーニを紹介する。



名前:リッカルド・オルソリーニ(Riccardo Orsolini)
所属:ボローニャ
国籍:イタリア
誕生日:1997年1月24日
年齢:22歳
身長/体重:183cm/73kg
主なポジション:右ウイング
リーグ成績:33試合出場7ゴール5アシスト

 アスコリの一員としてプレーした2016-17シーズンのセリエBでその名を轟かせたサイドアタッカー。テクニックとスピードを兼備するレフティーで、躍動感あふれるドリブルを得意とする。2017年冬にユヴェントスが保有権を取得し、経験を積ませるためにアタランタへレンタル移籍させたが、ここでは定位置争いに苦しみインパクトを残せないまま2018年冬にボローニャへと活躍の場を求めた。

 昨シーズンこそ持ち味を発揮できなかったが、今シーズンは序盤から定位置を確保。とりわけ、シニシャ・ミハイロヴィッチが指揮官に就任した1月以降は目まぐるしい活躍を見せ、長く降格圏内に沈んでいたチームを残留圏内へと導く立役者となった。

 年代別のイタリア代表では、3位の成績を残した2017年のU-20ワールドカップで全試合に出場。グループリーグの日本戦でゴールを挙げるなど通算5得点をマークし、得点王のタイトルを獲得した。U-21代表でも不可欠な存在となり、5月にはA代表を率いるロベルト・マンチーニ監督によってトレーニングキャンプのメンバー35名にも選出された。

 今夏の移籍市場では、保有権を持つユヴェントスが、フィオレンティーナのフェデリコ・キエーザ獲得のために、4500万ユーロ(約55億円)の移籍金に加えてオルソリーニをトレード要員にするとの噂も出始めている。

文=佐藤徳和/Norikazu Sato

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る