FOLLOW US

武藤所属のニューカッスル、来季の監督にガットゥーゾ氏を招へい?

ミランのガットゥーゾ監督 [写真]=Getty Images

 FW武藤嘉紀が所属するニューカッスルは、来シーズンからの新監督に現在ミランを率いているジェンナーロ・ガットゥーゾ氏の招へいを考えているようだ。23日にイタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』が報じた。

 ラファエル・ベニテス監督との契約が今シーズンまでとなっているニューカッスルは、同指揮官との契約延長交渉を進めつつ、数人の候補者をリストアップしており、ガットゥーゾもその1人だという。

 一方のガットゥーゾとミランの契約は2021年までとなっているが、チャンピオンズリーグの出場権を確保したかどうかに関わらず退任することを考えているようで、2週間前のユヴェントスとの一戦の後に、各国に広いパイプを持つ代理人のジョルジュ・メンデス氏と今後についての話し合いをした模様だ。

 あくまでもニューカッスルの最優先事項はベニテスの慰留だが、仮に監督交代が実現した場合は、武藤の去就にも少なくない影響がありそうだ。

セリエA観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA