2019.04.16

シュート数は相手の約16倍の47本も…アタランタ、痛恨のスコアレスドロー

アレハンドロ・ゴメス
アタランタのキャプテンを務めるA・ゴメス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 セリエAで行われた試合のスタッツが驚異的なものだったとして話題になっている。イギリスメディア『Bleacher Report』が伝えている。



 15日にセリエA第32節が行われ、6位アタランタと18位エンポリが対戦した。主導権を握ったアタランタは、キャプテンを務めるアレハンドロ・ゴメスを中心に攻め立て、支配率61パーセントを記録。18本の枠内シュートを含む、合計47本のシュートを放ち、シュート数3本(枠内シュートは1本)に終わったエンポリを圧倒した。しかし、17セーブを記録したGKバルトウォミェイ・ドロンゴフスキを中心としたエンポリの守備陣を崩せず、試合はスコアレスドローに終わった。

 この結果、アタランタは4位ミランとの勝ち点差を「2」に縮めたものの、勝利していれば勝ち点で並ぶことができていただけに、痛い引き分けとなった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
66pt
欧州順位をもっと見る