2019.03.08

CL敗退のローマ、ディ・フランチェスコ監督解任を発表…リーグでは現在CL圏外の5位

エウゼビオ・ディ・フランチェスコ
ローマの指揮官を解任されたディ・フランチェスコ氏 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ローマは7日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督の解任を発表した。



 フランチェスコ監督は2017-18シーズンからローマの指揮を執っており、就任1年目の昨シーズンはチャンピオンズリーグ(CL)で34年ぶりのベスト4進出を果たし、リーグでも3位という結果を残した。しかし今シーズンは、第26節終了時点で来シーズンのCL出場獲得圏(4位以上)外の5位にとどまっている。2日に行われたラツィオとのダービーマッチで0-3と完敗を喫した上に、6日にはポルトに敗れて2戦合計3-4と逆転負けを許し、CLからの敗退が決定した。

 なお、後任は決まっていないが、2009年から2011年までローマを率いたクラウディオ・ラニエリ氏が復帰する可能性があるとみられている。現在67歳のラニエリ氏は昨年11月末にフルアムの監督に就任したが今年2月末に解任されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る