2019.02.07

ミラン、酒井宏樹の同僚DF獲得に関心…アーセナル、チェルシーと争奪戦か

カマラ
複数クラブからの関心が報じられているカマラ [写真]=Icon Sport via Getty Images
サッカー総合情報サイト

 日本代表DF酒井宏樹のマルセイユに所属するU-20フランス代表DFブバカル・カマラに、ミランが熱視線を送っているようだ。イタリアメディア『Calciomercato』の報道を引用し、イギリスメディア『スカイスポーツ』が6日に伝えている。

 カマラは1999年生まれの19歳。セネガルとフランスにルーツを持ち、センターバックや守備的MFを務める期待の新星だ。2005年にマルセイユの下部組織に加入し、2016年12月にトップチームでデビュー。昨シーズンは中盤、今シーズンは主にセンターバックでプレーしている。年代別のフランス代表にも名を連ね、昨年にはU-20代表でプレーした。

 今回の報道によると、ミランがカマラの獲得レースに参戦する意向だという。ここ数週間、スカウトを派遣して動向を注視しているようだ。同選手については、アーセナルチェルシーも補強ターゲットに据えていると報じられていることから、今シーズン終了後には争奪戦が予想される。

 今シーズンのリーグ・アンでは、第23節終了時点で18試合出場1得点を記録しているカマラ。果たして、来シーズンはどのクラブでプレーすることになるのだろうか。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
リヴァプール
65pt
トッテナム
60pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
50pt
バイエルン
48pt
ボルシアMG
43pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
54pt
アトレティコ・マドリード
47pt
レアル・マドリード
45pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
66pt
ナポリ
53pt
インテル
46pt
欧州順位をもっと見る