2019.02.05

チェルシーらが熱視線も…ラキティッチがバルサ残留か、代理人が退団否定

ラキティッチ
去就に注目が集まっているラキティッチ [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 バルセロナに所属するクロアチア代表MFイヴァン・ラキティッチが、来シーズンも同クラブでのプレーを続けることを決断したようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が4日に報じている。



 報道によると、ラキティッチの代理人を務めるアルトゥーロ・カナレス氏がイタリアのメディアに対し、「イヴァンがこの夏にスペインを去る場面を見るのは不可能だ」とコメント。バルセロナ退団を否定したという。

 ラキティッチについては、今冬の移籍市場でチェルシーとの接触が報じられたほか、インテルやパリ・サンジェルマン(PSG)も関心を示していると伝えられていた。しかし同選手は、2021年6月末まで残っているバルセロナとの契約を全うする意向のようだ。

 現在31歳のラキティッチは2014年夏、セビージャからバルセロナへ完全移籍で加入。5年契約を締結し、2017年3月に契約を延長した。今シーズンはリーガ・エスパニョーラ第22節終了時点で21試合出場2得点を記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る