2019.01.23

C・ロナウド、レアル時代に脱税…容疑を認め約23億円の罰金支払いへ

C・ロナウド
C・ロナウドは脱税の罪を認めた [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 ユヴェントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドはスペイン在籍時代に行われた脱税の罪に問われている。同選手は容疑を認めているという。22日にイギリスメディア『BBC』が伝えている。


 C・ロナウドはレアル・マドリード在籍中、2010年から2014年の間に570万ユーロ(約7億円)の税金を支払っていないことが明らかとなった。同選手は容疑を認めており、本来であれば懲役23カ月に相当する罪である。

 しかし、スペインでは2年未満の懲役の場合、罰金を支払うことで懲役処分から免れることができる。さらに、C・ロナウドの場合、悪意のあった犯行ではないため、刑が軽減されているそうだ。同選手は1880万ユーロ(約23億円)の罰金を支払うこととなった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
49pt
レスター
39pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ライプツィヒ
33pt
ボルシアMG
31pt
ドルトムント
29pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
35pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング