2019.01.07

マンU、ローマのDFマノラスに関心…シーズン終了後の獲得を画策か

コスタス・マノラス
昨年のCLでバルセロナ相手にゴールを決めたマノラス [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 マンチェスター・Uは、今シーズン終了後にローマに所属するギリシャ代表DFコスタス・マノラスの獲得を狙っているようだ。イタリアメディア『calciomercato.com』が6日に伝えている。

 マノラスとローマの契約には、3600万ユーロ(約44億5000万円)の契約解除条項が設定されている模様。同紙によると、今冬の移籍市場で同選手を獲得するためには、設定額以上の金額を支払う必要があるようだ。そのため、マンチェスター・Uは今シーズン終了後の獲得を目指しているという。

 現在27歳のマノラスは、2014年にオリンピアコスからローマに加入。昨シーズンはリーグ戦29試合に出場し、2得点を記録した。昨年のチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグでバルセロナ相手にゴールを決め、ローマの34年ぶりベスト4進出の立役者となった。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
36pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る